Prometric Main Image
試験作成におけるプロメトリックの厳格なプロセスは、妥当性があり信頼できる公正な試験作成を重視しています。

試験作成プロセス

妥当性と信頼性の基準となる適切な「ものさし」の設計

医師が免許を持っているか、建築士が適切な知識を有しているか、あるいはエンジニアが十分なスキルを備えているか、これらを測定するあらゆる試験の裏側では、厳格な試験作成プロセスが採用されています。試験とは、免許や資格を付与された者が重要な基準を満たしていることを試験主催団体が約束し、保証するものです。妥当性があり信頼できる公正な試験を作り上げるための近道はありません。そしてこれこそが、試験作成のプロセスなのです。

プロメトリックの試験作成プロセス(例)

Step 1:業務分析/試験仕様設計

業務分析

試験作成プロセスにおける最初のステップは、徹底的かつ完全な業務分析です。誰が優秀な看護師かどうかを試験する以前に、優秀な看護師になるには何が必要かを最初に特定する必要があります。ここでは特定の業務を効果的に行うために必要とされる知識、スキル、能力を決定します。

試験仕様設計

試験仕様設計では試験問題の形式(択一形式・記述形式等)や難易度、出題する知識領域や出題数頭を決定します。これにより受験者全員が共通の知識、スキル、能力について一貫性をもって測定されることを約束します。

Step 2:既存問題の見直し

既存の試験問題群(アイテムバンク)の分析

すでに既存問題がある場合は、その内容を分析し、継続して利用するかどうかを検討します。また知識領域ごとに追加する試験問題数についても分析し、次の試験問題作成プロセスにフィードバックします。

 

Step 3:試験問題作成・検証

知識領域の専門家(SME)グループによる試験問題作成・検証支援

妥当性があり信頼できる公正な試験を作成するために最も重要な要素の1つは、各分野の専門家が持つ知識を活用することです。対象分野の専門家(SME)は、受験者が実践で効果的に機能するために「知っておく必要のある」内容について、業界固有の知識や現場の経験を提供します。当社は、試験主催団体が指定したSMEとの共同作業はもちろん、試験主催団体の承認を得た上で、有資格者の専門家の採用なども対応可能です。

Step 4:出題の仕組み

試験問題を適切に提示する仕組みの構築

作成された試験問題群(アイテムバンク)から適切に等化された試験フォームを作成します。CBTサービスにおいて柔軟な受験機会を提供するためには、受験者によって異なった問題を出題し、同時に公平性を担保する仕組みが必要になります。試験問題の過度な露出を避けると同時に、受験者間に不公平な状況を発生させないために、フォーム方式や LOFT(Linear-on-the-fly Testing) 方式、適応型テスト(CAT:Computer Adaptive Testing)などの出題方法から、最も適切に受験者に問題を提示する仕組みを検討します。

Step 5:合格点の設定

科学的な根拠に基づく合否基準の設定

当社の高いスキルを備えたサイコメトリックスの専門家は、科学的な根拠に基づき、状況に応じて適切な方法で合格点を設定します。こうして設定された合否基準は、試験の切り捨てスコアを適切に決定する高い信頼性が保証されています。

このプロセスにより信頼性の高い試験問題の提供が可能になります。

試験に関するご相談はプロメトリックにお任せください

  • CBTへの移行を検討している
  • 運営業務の負荷を軽減したい
  • 試験運営業務を一括委託したい
  • 試験の品質評価を行いたい
  • 試験問題の作成支援が必要など…

試験運営のプロフェッショナルとして、
課題解決のお手伝いをいたします。

ウノトニャサニヘユセノォエネォテ箙ム